2016年9月11日日曜日

第3回釣行 南三陸町志津川荒砥から

今日は,南三陸町志津川の荒砥から出艇してみました。
志津川湾は,ホームグランドで,船でカレイ釣りに何回も出ていました。

「土地勘もあるし,餌づりなら,釣れるだろう。」

そんな思いで,海に出ましたが,駄目でした。



こらえ性がないのでしょうか?
魚のいない所に餌を落としているのでしょうか?
ちょっと悔しい心折れそうな1日でした。



でも,折れません。

次は,次で作戦を考えたいと思います。


釣行を終えてから,次回に向けて志津川湾の反対側の港を偵察してきました。

波伝谷,津ノ宮等々,小滝まで,カヤックが出せそうな所を見てきました。

・・・・

実は以前,志津川に住んでいたこともあったのですが,津波があってから,怖くて見に行けませんでした。
ずいぶんと変わっていました。
ちょっと悲しかったですね。
いろいろ考えながらの帰りでした。

なんか,道路にノボリがたくさんあります。波伝谷漁港には大漁旗もはためいていました。
「戸倉漁師の会」と書いてあります。
先輩方の会ですね。

いいにおいがします。
空腹もあり,吸い寄せらました。
結構車も停まっています。
海のものや地元でとれたものがたくさん置いてありました。
炭で焼いた海産物もありました。これがにおいの元です。撒き餌ですね。
牡蠣焼きとイカ焼きをいただきました。
すごくおいしかったです。
家には,妻が好きなホタテを購入しました。
「魚は釣れなかったけどホタテが釣れたよ。」
とでも言いましょうか?

津波があってから,志津川から足が遠のいていましたが,「そうじゃない。」と思わされました。
地元の人は,地元をもり立てようと一生懸命動いていらっしゃいました。
私も志津川を楽しみ,志津川の良さを堪能し,普通に志津川とつきあっていこうと思わされました。

今日は,津波からちょうど5年半でした。

志津川に対する思いをちょっと換えられたありがたい1日でした。
カヤックフィッシング,やっぱりいいわ!!

0 件のコメント:

コメントを投稿